名護市のダイビングショップ「フィールダイブ」

那覇空港から車で2時間→沖縄本島北部の海を潜って書きます海ブログ
MENU

SONY RX100 M5始めました~

前回のブログで紹介した
ACQUAPAZZAハウジングの中に入るカメラは
ソニーの人気コンデジRX100シリーズの
最新作RX100 M5
blog-0673.jpg 

このカメラの特徴を簡単に説明

大型の1型センサー搭載

レンズはこのシリーズでおなじみの
カメラ好きなら聞いた事あるカールツァイス

歴代最速?コンデジ界最速?な
AFの速さと正確さ

4K動画撮影やスロー撮影など
動画機能もなかなか楽しそう

あと、今年の4月にようやく
このシリーズ初の水中撮影モードも
アップデートにより使用できる様になりました

他にも機能は色々ありますが
このカメラの最大の特徴はなんと言っても

とにかく値段が高い!(笑)

blog-0674.jpg 

このカメラ1台買うお金があれば
人気のオリンパスTG-4本体と
ハウジングとストロボまで買えちゃいます!

それくらい高価なカメラなので
コンデジを購入する時に普通の人なら
選択枠にも入らないはず

特にダイバーには水没するリスクもあるし
カメラ以外にもハウジングも購入しないといけないので
投資がかさんでしまいますしね

でも、なんで僕がこんなアホみたいに高いカメラを
今回は購入したかと言うと

今流行りの1型センサーが取り込む
写真データ量の豊富さ

暗くてピントが合いにくい水中での
AFの速さ

これだけならこのカメラの対抗馬となる
キャノンのGX7mark2の方が
価格、望遠側の長さなどが有利なのですが

僕としては今まで使った事がない
ソニーカメラとアクアパッツアハウジングを
単純に使ってみたかったってのもありますが

スローとか4Kとかの動画機能も
触ってみたかったってのもありますね

blog-00550.jpg 

レビュー用に写真を撮る場合は
Jpeg形式でデータを用意した方がよかったのですが
時間がなかったので今回の写真はRAWで撮って
画像処理ソフトで書きだしてるのであまり参考にならないかも?

上写真は絞りF1.8で撮影してますが
一般的なコンデジよりも
被写体後方の背景のボケが綺麗です。

ここでセンサーサイズの事も書きたいけど
時間がなくなってきたのでまたいつか~

マクロ撮影
blog-00252.jpg 

これが小さな生物を一番大きく撮った写真!

ご覧のとおりこのカメラは
マクロ撮影は恐ろしく苦手です…

特にオリンパスのTGシリーズを使ってる人は
イライラしすぎてカメラ投げちゃうかも(笑)

このカメラはズームすると
被写体から50㎝以上離れないといけないので
小さな生物を大きく撮ろうとすると
ワイド側の24㎜で撮影するので
頑張って近づいても上の写真が限

こうなってしまうのは
単純に1型センサーの弊害です…

blog-00254_2017060718160306e.jpg 

でも、1型センサーはすごいんです!

カメラに保存される写真の情報量が多いので
上の写真をトリミングして生物を切り取った場合も
ここまで鮮明な写真を切り取る事が出来ます

最近人気の防水機能が付いたカメラは
構造上どうしても大きなセンサーをカメラに詰めないので
ズームしたり暗い所の写真なんかは
トリミングしたらすぐにザラザラになるので
その辺がこのカメラとの大きな違いです

と言う事で
とりあえず高画質で写真を撮っておいて
あとでトリミングして仕上げたい人には
この1型センサーのカメラは面白いと思います


でも防水機能が付てるカメラは
その特性からマクロ撮影には強いので
液晶に写された画像が自分の写真って人は

最近人気のオリンパスTG-4や
そろそろ日本でも話が出てきそうな
オリンパスTG-5が良いでしょうね

blog-00267.jpg 

 いざ、カメラの事を書こうと思ったら
書きたい事がまとまらずグダグダになってしまったけど
今後はこのカメラで撮った写真が多くなると思うので
ブログの写真見て下さい

あとお店では
他のコンデジと同じ料金でレンタルするので
興味のある人はお問い合わせ下さい

さて、行ってきます!

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://umiblog.com/tb.php/37-33d35f2d
該当の記事は見つかりませんでした。