季節限定ダイビング

沖縄本島の北部には
水温が高くなり生物の活性が上がる春から
真夏になりハブクラゲが発生するまでの数か月だけ
万人にはオススメできないが
マニアックなダイバーにだけオススメ出来る
そんなポイントがあります

そんなポイントに今日は調査に行ってきました

ニシキテグリ
blog-0320.jpg

ダイバーが潜らない海を含めば
割と広範囲に生息してるのですが
この子が住んでる海は透明度が極端に悪いため
ダイビングポイントになってない事が多いので
普段のダイビングではほぼ見る事が出来ません

さらに凄く臆病で暗闇が好きなので
見れるポイントに行っても見れない事も多い

そんなニシキテグリですが春は産卵シーズンで
カップル探しに奮闘してる事が多く
この時ばかりは少しばかり警戒心が弱くなるので
見れる!撮れる!確率が上がります

blog-0319.jpg

今日も求愛かケンカか分かりませんが
元気な子がちらほら見られました

そして、その後で小さなカップルが
少しだけ交尾みたいな行為をしてるのを見れたんですが
ピーク時だとサンゴの群生から大きく飛び出るのに
今日はサンゴの横っちょで体を寄せあうだけだったので
何だったのかよく分かりませんが
予行演習だったと思っておきます

blog-0286_20190513230954142.jpg

上の2枚の写真は
かなり警戒心が無くなっる時に撮ったのですが
普段はこんな感じなので撮るのに苦労します…

エビ
blog-0328_20190513230959565.jpg

普段、潜らないポイントなので
急に見た事もないエビが飛び出してくる事も

オイランハゼ
blog-0214_2019051323095229b.jpg

本命はこの子のディスプレイ

撮り易そうな場所をリサーチしてきたので
次はピンポイントで狙いましょう

ハゴロモハゼ (メス)
blog-0269.jpg

名護湾で見れる「ハゴロモハゼ.sp」じゃなくて
本家本元の「ハゴロモハゼ」

一時期よりも個体数が減っていたり
メスより綺麗なオスを見つけられなかったけど
あと少し透明度が良くなれば見つけられるはず

ホシハゼ
blog-0195.jpg


今日は次に行った時に写真の動画もバッチリ撮りたくて
カメラ器材の設定のテストとかもやっていたので
生物はあまり探してません…

でも、いつものレギュラーは大体いたので
良くも悪くも昔と同じくらいは楽しめます

このポイントは
沖縄なのにビックリするくらい透明度が悪いので
ブログには書いてますが基本的にはオススメ出来る
ダイビングポイントではありません

しかし、それでもピンポイントの生物狙いで
ニシキテグリで1ダイブ、オイランハゼで1ダイブ
なんて潜り方がしたい方がいましたが
僕は毎日でも行きたいポイントなので
リクエストして下さいね

沖縄本島の梅雨はいつかなぁ~