沖縄本島北部の名護市にあるダイビングショップ「フィールダイブ」が、潜って撮って思った事を水中写真多めでブログ書いてるので読んでやってください

最近、ゴリラチョップ潜ってます?

2020年07月15日
ビーチダイビング (沖縄本島全域)
夏でも冬でも海況が悪くなった時に
だいたい最後まで潜らせてくれる最後の砦

守護神的潜水場所
崎本部のゴリラチョップ
blog-136896514.jpg

サンゴの産卵を見ていた5月後半以降は
ず---と、まあまあ強い南風が吹いていて
南風に強い恩納村の真栄田岬は絶好調ですが
まあまあ南風に弱いゴリラチョップは絶不調…

そんな感じで1カ月以上も封印してたポイントですが
お客さんから予想外のリクエストが入ってしまったので
そこは無難にボートで行きましょう…と思いつつ
久しぶりのお休みなのに調査に行ってきましたよ

おっ!
blog-2442.jpg

水深2mくらいまでの浅場は
透明度は5mないくらいのニゴニゴでしたが
下は意外と見えてるな~

桟橋
blog-2445.jpg

コロナウイルスの関係でしばらくは
この桟橋に豪華客船が留まる事はないと思うので
潜らせてくれないかな?

ここで水深8m
普通に青かったです

コロダイ幼魚
blog-2005525.jpg

なんとなく全体の環境を調査したら
あとはマクロ生物もちょいと捜索

サガミツノメエビ
blog-2005516.jpg

わぁ~意外とレア~
フリソデエビの仲間なの~

でも、地味だ…

って、言うオチでだいたい終わるエビ(笑)

ハダカハオコゼ
blog-2005543.jpg

白い子を見つけると
どれだけ内側を撮れるかがポイントだと
個人的には思ってますが

今日は環境悪し動き回るので
これで精いっぱいでした

ハレーションが…
blog-2005548.jpg

砂地で暴れまわるテンスを撮ってたら
写真の上の方に粒々のハレーションが出るので
レンズのポートにゴミでも付いてるのかと思ってたら
稚魚がいっぱい泳いでるだけでした

いやぁ~撮ってる時はこのちびっ子達が
肉眼では全く見えなかったのですが
そろそろ目がヤバくなってるのかな…

自分の目の件は置いといて
上から見たら潜れそうになかったゴリチョが
意外と潜れそうだと分かって一安心

僕の予想では7月は台風も来ないで
こんな環境が続くと思うので
積極的にゴリラチョップも使いましょうね~

Yusuke Miyahara
Author: Yusuke Miyahara
産まれも育ちも沖縄本島のウチナンチュダイビングガイドです。休みの日はSONYのミラーレスカメラα7ⅲ持って潜っているので、水中写真や水中動画に興味ある方は連絡下さい。あと今年からドローンなどを使い陸上撮影もはじめます。

上のメニューから私のSNSにアクセスできます。