feeldive no umiblog

M-1と呼ばれるダイビングポイント

2022/06/20
読谷村 (残波岬など)

沖縄本島の海は先人達の努力により
潜り尽くされ

面白い場所はダイビングポイントに
そうでない場所は潜る価値がないと

ある程度は厳選されてきたと持ってたけど
令和になってこんなに男心をくすぐるポイントが
見つかったのは正直驚きしかありません!

M-1と呼ばれるポイント
blog2022-530943.jpg

写真は第二次世界大戦時か後に
70年近く沈んでいたであろう
火炎放射器を持ってるオジサン

これだけでもう溜まらん~

で、この後も少しこのポイントについて
書いていきたいとは思ってますが

自分では今のこのポイントの魅力を
的確に伝える事は出来ないので
水中写真家の戸村裕行さんがオーシャナで
記事を書いてるのでよかったら読んでみて下さい

オーシャナの記事

blog2022-530911.jpg

そんな興味津々なポイントに行くなら
うちに来てくれてるお客さん達の中でも
このグループしかいないってタイミングで
潜りに来てもらえたので

タイミングもバッチリで
潜りに行ってみました

blog2022-530919.jpg

石灰まみれながらも
銃と分かる形で転がっている
米軍が第二次世界大戦中に使用していた
M-1ガーランドと呼ばれる半自動小銃

Wikipedia
blog2022-530918.jpg

こんなに綺麗な状態で残っています

そして予想どうり
鉄の塊+石灰なので重い…

blog2022-530921.jpg

このポイントを発見したダイバー達により
沢山のM-1ガーランドが掘り起こされており
今ではこんな拳銃が70丁以上も見つかってるそうです

ヤバい奴
blog2022-530913.jpg

ガトリング砲、バルカン砲、ミニガン、マイクロガン?

何て言えばいいのか分かりませんが
銃弾のベルトみたいのを付けれ連発で打てる奴

こんなのも見つかりました
blog2022-530933.jpg

そして他にもバッテリーボックスや
小型のエンジンっぽい物まで
ここにはいろいろな物が落ちています

blog2022-530940.jpg

そして1枚目の写真にあった火炎放射器

blog2022-12.jpg

このポイントにはまだまだ
戦時中の物が眠ってるそうなので
ミリタリー好きのダイバーにとっては
今年のうちの潜っておきたいポイントに
なりそうな予感ですね

当店はそんなに頻繁には潜りに行けませんが
興味のある方はまずは連絡してみて下さい

沈船:USSエモンズ
blog2022-10064.jpg

そして沖縄本島のダイビングで
ミリタリー好きと言えばここは外せません

古宇利島沖に静かに眠る沈船エモンズ

blog2022-10010.jpg

70年以上経った今でも
しっかりその原型を留めてくれている
アメリカ海軍の駆逐艦USSemmons

blog2022-10048.jpg

船内は時間が止まったかのように
その当時のままの残っています

慰霊碑プレート
blog2022-10019.jpg

この船の沈没により船員
60名が戦死し77名が負傷したと言われており
その人達の名前が書かれたプレートが
船体に備えらえれています

主砲とスジハナダイ
blog2022-10003.jpg

沖縄本島ではレア種になるスジハナダイも
ここにはいっぱいいます

こんな感じで沖縄本島の海中には
ミリタリー好きオジサンの心をくすぐる
魅力的なポイントがありますので
興味のある方は連絡して下さい

この夏もいっぱい潜りに行って
写真や動画のクオリティも上げていくので
このブログもたまに見て下さいね

ここまで読んでくれて有難う御座います

そして6月に潜りに来てみれた皆さま
有難う御座いました!

これで半月以上におよぶ
写真や動画の整理が終わりました

これでまた明日からはいっぱい撮れるぞ!

Yusuke Miyahara
Admin: Yusuke Miyahara
沖縄本島北部の本部町のダイビングショップ
フィールダイブで水中ガイドをしている宮原です。

私が潜って見た海を写真多め文章少なめで書いてるので、
本部町の海に興味のある方には読んでもらえたら嬉しいです。

最速で今の海情報を知りたい方はInstagramのストーリーズの方が、
早く情報を発信してるのでそちらをご覧ください。

ホームページはページ右上の「SHOP」をクリック
フェイスブック、インスタグラムは下のボタンをクリック
読谷村 (残波岬など)